歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

診療のご案内

診療の流れについて
診療の流れについて
診療内容

一般歯科

一般歯科とは、虫歯の治療(詰め物、かぶせ物など)や歯周病の治療
(歯みがき指導、歯石取りなど)、歯の欠損部を補う(ブリッジ、義歯など)等で
皆様が歯科医院に通院した際に受ける大半の治療のことです。
この一般歯科が歯科治療の基本となる部分です。

予防歯科

皆様が歯科を受診される時とはどんな時でしょうか?

「虫歯が大きくなって穴があいてしまった」、「虫歯が痛んできた」、「歯周病で歯肉が
腫れて痛い」、「歯が揺れてうまく食事ができない」などがほとんどだと思います。

実は歯を失う原因の9割が「虫歯」と「歯周病」で「2大歯科疾患」と言われております。
そして、これらの疾患は、細菌(プラーク)が原因である「細菌感染症」で、
症状が現れた時点ではかなり進行している場合が多いというのが特徴です。

虫歯により一度失った健康な歯質は元には戻りませんし、歯周病により失った永久歯は、
二度と生えてきません。ですから、これらの疾患をいかに早期に食い止め最小限の処置で
済ませ維持していくか、いかにこれらの疾患にかからないようにするか、
それに対応するのが「予防歯科」です。

定期検診

虫歯の治療で詰めたり、かぶせたりした部分はどんな高価な優れた材料でも人工物です。
天然の歯と人工物の間には目では見えない境目が必ず発生します。

ここにプラークがたまり、放っておくと虫歯が再発します。
一度虫歯になった歯は再度虫歯になるリスクを持っているのです。

歯周病も同じで、一度歯を支えている骨が溶けてしまうと元に戻すことが非常に困難になります。
ですから、現在、虫歯の症状(歯に穴が空いている、冷たいものや甘いものにしみるなど)や
歯周病の症状(歯肉が腫れる、歯が揺れてうまく噛めないなど)がない方でも
それを維持していくためには、定期的なメインテナンスが必要なのです。

自動車を車検に出すのと同じように・・・。

検診の間隔・・・1ヶ月~1年に一度
*お口の中の状態、虫歯や歯周病のリスクなどにより幅があります。
その1 「ホームケア」と「プロフェッショナル・ケア」の違いって?
その2 プラーク(歯垢)を寄せ付けない様にする「PMCT」って何?
その3 そういえば「フッ素効果」って何?「シーラント」って何するの?
フッ素の安全性につきましては『歯チャンネル88』もご参照ください。>>>
  • 「adobe pdf」ダウンロードはコチラから!

    「adobe pdf」が見れない場合は
    コチラをクリックしてください>>>

「お願い」 と「 ご注意」

*お願い

 ・当院は予約制になっておりますので、電話予約の上、ご来院ください。

 ・最終予約時間は標記診療時間の30分前となります。

 ・予約のキャンセル、変更、来院の遅れ、などの時には、お電話をいただければ幸いです。
  (急患や予約待ちの患者様に時間をお取りすることができます。患者の皆様がお互いに快適に
   治療を受けていただくために必要なことだと考えております。)

 ・「初診時」、「月の始め」には、保険証をご提示ください。
  (保険証のご提示がない場合は、自費診療になる場合がございます)

 ・来院時には、なるべく歯みがきをして清潔な状態で診察をお受けください。

 ・女性の方は、診察前に口紅をお取りください。
   (唇の色なども診察の1つの目安になります)

*ご注意
 ・当院は予約制になっておりますが、急患が入る等の理由により、時間通りに入室できない場合が
  ございます。
  時間に制限のある方は、あらかじめ受付にお申し付けください。
▲PAGE TOPへ