歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

審美歯科・義歯

審美歯科 ~より見た目の美しさをお求めのお方に・・・~

歯のマニキュアBeautiCoat(ビューティコート) 歯面コーティング材

 歯の表面を一層コーティングすることで白く見せることができます。
 コーティング材は歯の詰め物を使うプラスチックの材料がベースになっていますので安心です。
 約1~3ヶ月もちますので、ご来院の回数も少なくて済みます。
歯のマニキュアBeautiCoat(ビューティコート) 歯面コーティング材

Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)

Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)
  • Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)

    濃度の薄いジェルを長時間歯面にあてて
    ゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
    ジェルはもともと口腔内の消毒に
    使われていたものですので安全です。
     
    このホワイトニングは医師の指導の下、
    ご自宅でできます。

    *当院では専門的知識を持った
    「ホワイトニング・コーディネーター」が対応いた
    しますのでお気軽にご相談ください。

セラミック修復
 セラミックは陶器材料で出来ており、
 変色しにくく、天然歯に近い透明感を再現することができます。

 また、プラークが付着しにくいため結果的に虫歯になるリスクも軽減されます。
 欠点としては、衝撃に弱いため、急激な力がかかると破損する可能性があります。

オールセラミック
  • オールセラミック

      【特徴】


     ・全てがセラミックで製作されているので、

      自然感が得られ審美的に優れているため

      前歯の修復に最適です。


     ・金属を使用しないため、

      金属アレルギーの方にも安心して

      お使いいただけます。

▲PAGE TOPへ
ハイブリッド・セラミック
  【特徴】

 ・セラミックは天然歯に比べると硬すぎるため、咬む相手の歯が天然歯の場合、

  余計にすり減らせてしまう場合があります。

  この欠点を補うためセラミックの中にプラスチックを混合して、
  天然歯の硬さに近づくように開発されたのがハイブリッド・セラミックです。


 ・前歯や奥歯のかぶせ物から詰め物まで応用範囲が広い材料です。


 ・セラミック単独の修復物に比べ安価にご提供できます。
ハイブリッド・セラミック
▲PAGE TOPへ
◆義歯
 虫歯や歯周病、又は事故等で多数の歯を失った場合、
 欠損部分を人工物で補わなければなりません。
 ここでは、取り外しタイプの義歯(入れ歯)についてご紹介いたします。

義歯の部位名 大まかですが、入れ歯の部位の名前をご紹介いたします。

  • 義歯の部位名 大まかですが、入れ歯の部位の名前をご紹介いたします。






    基本的な保険適応の 
    レジン(プラスチック)床義歯です。

金属床義歯(コバルトクロム合金/チタン合金)

金属床義歯の特徴
・プラスチックの義歯に比べ薄さが3分の1ほどになり、違和感が少ない。
・強度があり、安心して食事ができます。
・プラスチックに比べ熱の伝わりが良いため、食事がおいしく感じられます。
・自費診療になりますので、保険の義歯に比べると高価である。

・チタン合金 生体親和性の高い金属で、金属アレルギーがほとんどありません。
         比重が軽く、軽い入れ歯ができます。

 ・コバルトクローム合金 昔から長く使われている入れ歯用金属材料です。
                他の金属に比べると比較的安価な金属です。
金属床(コバルトクロム合金/チタン合金)・レジン床義歯(プラスチック)

ノンクラスプデンチャー(金属のバネが見えない義歯)

ノンクラスプデンチャー(金属のバネが見えない義歯)
【ノンクラスプデンチャーの特徴】
 従来の部分義歯は残存している歯に金属のバネ(クラスプ)で固定をしていました。
 特に、前歯にこの金属のバネが見えることで審美的にも問題が出てくる場合があります。
 義歯を入れていることを他人に知られたくない方もいらっしゃることと思います。

 ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使用せず、クラスプの部分と床の部分を
 プラスチック系のナイロン素材を使用し同一素材で作ることができるため、
 審美性に優れており、以下のような特徴があります。

 ・使用する材料が、半透明で歯ぐきの色と同化するため、
  他人から見ても義歯を入れていることが分りにくい。
 ・適度な弾性があり、破折しにくい。
 ・クラスプと床が一体型のため、義歯が安定し、残っている歯を痛めることが少ない。
 ・金属アレルギーの心配がない。

欠点としては  ・維持力が弱くなったときに金属のクラスプのように調整することが難しい
 ・洗浄剤を使用する場合は、歯科医院専用の洗浄剤を使用する必要がある
  (市販の洗浄剤では劣化しやすくなる場合があります)

磁性アタッチメント義歯(磁石で固定する義歯)

磁性アタッチメント義歯(磁石で固定する義歯)
  • 磁性アタッチメント義歯(磁石で固定する義歯)


     入れ歯を固定する金属の留め具が
     ないので、見た目に違和感がなく、
     他人の目線も気になりません。
     
     シンプルな構造でお手入れが
     簡単で、ピタッと装着できて
     外れにくい義歯です。

自費料金はコチラ >>>
▲PAGE TOPへ