歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

歯周病について

歯周病は、さまざまな病態、症状があり、全身的な疾患とも深いかかわりがあることも最近わかって きました。
このページでは、歯周病に関するさまざまな情報を発信していきたいと思います。

「歯周病」の治療ってどんなことするの?

歯周病治療の流れ

歯周病の治療には、歯周病の程度、状態によって様々な治療法があります。
ここでは、一般的な治療の流れについて記載します。

       初診(応急処置、レントゲン撮影等の検査)

                  ↓

     レントゲン検査、歯周組織検査①、口腔内写真撮影

     口腔内細菌検査、ブラッシング指導、生活習慣指導

                  ↓

   スケーリング(歯面に付着したプラーク、歯石、沈着物などの除去)

                  ↓

    歯周組織検査②、 口腔内細菌検査
                         ------→  メインテナンス(定期検診)
     ブラッシング指導、生活習慣指導       
                  ↓

スケーリング・ルートプレーニング(歯根面に付着した歯石や細菌を含む病的な
                     セメント質を除去し、滑沢に根面にする)

                  ↓

              歯周組織検査③  ------→  メインテナンス(定期検診)

                  ↓

               歯周外科処置

                  ↓

               歯周組織検査④

                  ↓

             メインテナンス(定期検診)

歯みがき治療(ブラッシング指導&セルフケア)

 歯周病の原因は口腔内のプラーク(細菌のかたまり)であるということは冒頭で述べていると思いますが、歯周病治療では患者さんがこのプラークを日々いかに除去できるかが治療を成功させる1番の「カギ」となります。

 そのために当院では歯科衛生士による「歯みがき(ブラッシング)指導」を治療初期および治療中でも必要に応じて行っていきます。

  • 歯みがき治療(ブラッシング指導&セルフケア)

    *最近の歯ブラシは市販の物を含めて色々な形のものがあります。

    ご自分に合ったものを使っていただくのはいいのですが、
    基本は、歯を1本1本みがけるような小さめの歯ブラシを選びましょう。

     また、毛の硬さは「ふつう」か「やわらかめ」を選ぶことで歯ぐきを痛めず毛先が細部まで届くようになります。

  • 歯みがき治療(ブラッシング指導&セルフケア)

    *歯ブラシの当て方の基本は、毛先を斜め45度に近い 状態で歯と歯ぐきの境目に軽く押し込み細かく前後に 動かします。

  • 歯みがき治療(ブラッシング指導&セルフケア)

    *歯みがきは1本1本丁寧にみがく ことが大切です。
    それぞれの歯の形には違いがあり、また歯並びも人によっては凸凹している部分もあると思います。

    まずは、自分の口の中を鏡でできるだけ観察してください。
    歯ブラシの「かかと」や「つま先」を使って歯並びの状態に合わせてブラッシングすることも大切です。

    それでも難しい場合はタフトブラシという部分みがき専用の歯ブラシの使用をお勧めします。


    *歯周病が進行して歯と歯の間にすき間が空いてくると食べかすやプラークがたまりやすくなります。

  • 歯間ブラシ

    そこで、通常の歯ブラシでは届か ない歯と歯のすき間には、 「歯間ブラシ」を使用することで プラークを除去することができます。

スケーリング、ルートプレーニング(歯石除去)

 歯石は歯に付着したプラーク(歯垢)が唾液中のカルシウムと結合し石のように固まってしまった ものです。

歯石は歯ブラシが届きにくい「歯と歯の間」や「歯と歯ぐきの境目」に付きやすく、特に下の前歯の 裏側、上の奥歯の外側に付きやすい特徴があります。
 
 歯石は表面がザラザラしているためさらにプラークが付きやすく「細菌のすみか」になるため歯周病を悪化させる大きな原因の1つです。

 ですから、歯石を除去することは歯周病を進行させないため、もしくは歯周病を予防するために必要なことなのです。

 そこで、歯科医院では、主に歯科衛生士がスケーリングとルートプレーニングという処置を行います。

 スケーリングとは、特殊な器具を使用して歯石を除去することです。
 ルートプレーニングとは、歯石を除去した後の根面を滑沢にし、再度歯石やプラークが付きにくくするための処置です。
 必要に応じて麻酔を使用する場合もあります。

  • 超音波スケーラー

    *超音波スケーラー

      音波振動でプラークや歯石を崩し取ります。
      大きくまとまった歯石を取るのに有効です。

  • ハンドスケーラー

    *ハンドスケーラー

     歯ぐきの中の細かい歯石の除去やルートプレーニング
     (根面を滑沢にする) に用います。

     歯の部位によって数種類のスケーラを使い分けます。

  • ハンドスケーラー



    *歯面や根面に付着した歯石を
     丁寧に除去していきます。

  • ハンドスケーラー



    *実際の施術写真   

スケーリング、ルートプレーニング

歯周外科処置

 歯周病が進行し、歯周ポケットが深くなると歯石を直視して取ることが困難になります。
そこで、歯ぐきを部分的に開いて深い部分の歯石を確認しながら取り除く処置が「歯周外科」です。

 「歯周外科」には歯肉や歯槽骨の状態によって様々な術式がありますがここでは代表的な
「フラップ手術」について記載します。

  • 歯周外科処置

    ・局所麻酔下にて歯の周囲に沿ってメスで歯肉を
     切開します。
    ・歯肉をめくって歯の表面が見えて器具が届く状態に
     します。 

  • 歯周外科処置

    ・スケーリングやルートプレーニングでは取りきれなかった
     歯石やプラークを目で確認しまがら取り除く。

  • 歯周外科処置

    ・歯肉を元の位置に戻し縫合する。 ・1週間後に抜糸する。

歯周病と全身との関係

「歯周病」は様々な疾患に影響を及ぼします

歯周病菌が血液中に入り込みます

 歯周病で炎症を起こした歯肉には多数の細菌が接している状態です。
 歯周病菌は歯肉の中に入り込み、細菌や細菌の毒素などが血液中に流れ込みます。

 これらの細菌や毒素は血管を通って全身に運ばれ、何らかの疾患を引き起こしたり
 もともとあった疾患を悪化させたりします。
自費料金はコチラ >>>
▲PAGE TOPへ
  • Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)

    「adobe pdf」が見れない場合は
    コチラをクリックしてください >>>