歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

当院における治療例

前歯のすき間を矯正とセラミック修復で改善した症例

  • 前歯のすき間を矯正とセラミック修復で改善した症例

    術前

    前歯のすき間が気になるということで治療を開始しました。

  • 前歯のすき間を矯正とセラミック修復で改善した症例

    術後

    矯正で中央のすき間を閉鎖、両脇の側切歯は矮小歯という先天的に小さい歯だったので
    右(向かって左の歯)はハイブリッドセラッミクを直接充填、左(向かって右の歯)は
    e-maxというセラミックのかぶせ物で歯の大きさを修正しました。

外傷で歯が破折してしまい神経が露出した症例

  • 外傷で歯が破折してしまい神経が露出した症例

    術前

    転んで左上の前歯をぶつけて、半分ほどかけてしまいました。
    中央には神経が露出しています。
    この状態で放置すると感染してしまい、神経を取ることになってしまいます。

  • 外傷で歯が破折してしまい神経が露出した症例

    術後

    局所麻酔下で神経部分の消毒を行い、即日にコンポジットレジンにて修復しました。
    (3ヵ月後の経過観察時も特に症状は見られず良好です)

ハイブリッドセラミックで即日に審美修復した症例

  • ハイブリッドセラミックで即日に審美修復した症例

    術前

    患者さんは「奥歯の黒い詰め物を白くしたい」との要望がありました。
    口を開けると目立ちます。

  • ハイブリッドセラミックで即日に審美修復した症例

    術中

    局所麻酔下で金属を除去しました。

  • ハイブリッドセラミックで即日に審美修復した症例

    術後

    ハイブリッドセラミック(自費診療)というセラミックと樹脂が混合した硬い材質で即日に修復しました。
    また審美的にも改善しました。

歯の根元の「くさび状欠損」を修復した症例

  • 歯の根元の「くさび状欠損」を修復した症例

    術前

    「歯ぎしり」や「噛みしめ」などで長期間、歯に強い力がかかると歯の根元の弱い部分が少しずつ“えぐれた”状態になる「くさび状欠損」になります。

    (写真では、歯の先端が擦り減っているのと、歯の表面に細かいヒビが入っているのが見えます)

    あまり大きく欠損すると、歯の中の神経が近くなり、「歯がしみる」ようになります。ひどい場合には、神経を除去する処置をしなければならなくなります。

  • 歯の根元の「くさび状欠損」を修復した症例

    術後

    欠損した部分を、コンポジットレジン(樹脂)で修復し、しみる症状が消失しました。
    また審美的にも改善しました。

ムーシールド(筋機能訓練用装置)を使用して「受け口」が改善した症例

 不正咬合(ゆがんだ歯並び)の一つである受け口(反対咬合)は、上顎の成長不足が原因で起こる場合がほとんどであり、その要因としては、

1.現代は加工食品が多い時代で、よく噛まなくなったことで口の周囲の筋肉も使わなくなり顎への
  刺激も少なくなった
2.口の周囲の筋肉や舌の位置や動きが正常でない
   (舌を突き出す癖、口をポカンと開いている、など)
3.遺伝によるもの

などがありますが、ほとんどの要因は生まれたきてからの環境に起因する1、2 が主な要因になります。

 そのため、これらの要因を改善するためにムーシールドという「筋機能訓練用装置」を装着します。

*この治療は、歯科矯正の一種になりますので自費診療となります

  • ムーシールド(筋機能訓練用装置)を使用して「受け口」が改善した症例

    ム-シールド

      スモール、ミディアムの2種類のサイズがあり、顎の大きさによって使い分けていきます。

  • ムーシールド(筋機能訓練用装置)を使用して「受け口」が改善した症例

    ム-シールド装着の状態

    この装置により舌の位置や動き、口の周囲の筋肉のバランスを改善します。

  • ムーシールド(筋機能訓練用装置)を使用して「受け口」が改善した症例

    術前(2007.1.29) 6歳男児

    前歯が深い状態で反対に噛んでおり、「受け口」の状態です。
    このままでは、上顎の成長が抑えられてしまい、顔の成長や審美的にも問題がでてきます。

  • ムーシールド(筋機能訓練用装置)を使用して「受け口」が改善した症例

    術中(2011.1.22) 現在10歳

    ムーシールドを夜間就寝中に装着することで、舌や口の周囲の筋肉のバランスが良くなり、上顎の成長が促されました。
    かみ合わせも「上の前歯が下の前歯を覆う」正常なかみ合わせになりました。

    あとは、よく噛むことでより成長が促されます。

前歯の虫歯をコンポジットレジン(プラスチック)で修復した症例

  • 前歯の虫歯をコンポジットレジン(プラスチック)で修復した症例

    術前

    上下前歯が全体的に虫歯になっています。

    このままでは神経を取ることになってしまい人工的な
    「かぶせもの」をすることになってしまいます。

  • 前歯の虫歯をコンポジットレジン(プラスチック)で修復した症例

    術後

    古い詰め物と虫歯を取り除き、新しくコンポジットレジンというプラスチックの詰め物により
    審美性が改善されました。

    周囲の歯質をできるだけ残し、「かぶせもの」をする時のように多くの歯を削らずに済みました。

歯周病治療、セラミック修復、アタッチメント義歯にて治療した症例

  • 歯周病治療、セラミック修復、アタッチメント義歯にて治療した症例

    術前

    歯肉に炎症があり、前歯の
    根元には虫歯が見られます。
    また、上下の犬歯には
    義歯を支える金属のバネが見えています。

  • 歯周病治療、セラミック修復、アタッチメント義歯にて治療した症例

    術後

    治療後の歯肉は炎症も
    なくなり、引き締まった状態です。

    前歯はハイブリッドセラミックのかぶせ物で修復されています。

    バネの見えていた義歯は
    アタッチメント義歯に置き換えられ審美的にもきれいに改善されました。

前歯の破折を修復した症例

  • 前歯の破折を修復した症例

    術前

    前歯をぶつけてかけてしまいました。

  • 前歯の破折を修復した症例

    術後

    コンポジットレジンという
    プラスチックの材料でかけた部分を即日に修復しました。

セラミック修復、ホワイトニング、コンポジットレジン充填にて総合的に治療した症例

  • セラミック修復、ホワイトニング、コンポジットレジン充填にて総合的に治療した症例

    術前

    前歯が「神経が死んでしまった」状態なため歯の色が
    黒っぽく変色しています。
    また、所々に虫歯もあります。

  • セラミック修復、ホワイトニング、コンポジットレジン充填にて総合的に治療した症例

    術後

    黒くなった前歯はセラミックにて修復しホワイトニングを
    することで全体の歯の色が
    明るく健康的な色になりました。

    ホワイトニング後に虫歯を治療し、コンポジットレジンで色を
    合わせて修復しました。