歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

松井歯科ブログ

  • 2011/05/30 日本睡眠歯科学会講演会

     5月29日(日)。東京ドームに近い「フクダ電子 本郷新館」において日本睡眠歯科学会主催の講演会に参加してきました。
    今回は近年、社会的問題にもなってきている「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の治療について歯科の立場からどのような治療ができるのかという講演会でした。
    とくに多い「閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)」は、上気道が睡眠中に閉鎖することで 無呼吸(10秒以上の呼吸停止)が繰り返し(1時間に5回以上)、その結果、日中の眠気など種々の症状を呈する疾患です。
     原因としては、肥満、アデノイド、扁桃肥大、顎形態異常 など がありますが、ほとんどは肥満で気道がふさがりやすくなっていることが原因です。
    この場合は、ダイエットなどをしていたいただくことが治癒の近道ですが、お口の中に特殊なマウスピースを入れることで下顎を前方に出し、気道がふさがるのを防止することもできます。

     また、顎の大きさが小さく、歯並びが悪い方にもOSASが起こります。
    これは、顎が小さいことで、舌が口の中に収まらず、喉のほうに後退してしまい気道をふさぐためです。
    この場合も、マウスピースで対応できますが、根本的な治療ではなく、対処療法になります。
    根本的な治療は、顎の大きさを変えることです。これには、当院でも行っているSH療法(顎拡大療法)が有効です。
    特に小学生などの低年齢の時期に「鼻づまりがある」、「いびきをかく」、「寝相が悪い」、「普段、落ち着きがない」などの状態が見られる場合は、成人になってOSASを起こす可能性がありますので、ご注意ください。 
    このような成長期にOSASが見られた場合は、脳の成長にも悪い影響が出る(学習能力の低下、運動能力の低下など)と言われていますので早期に顎の拡大が必要な場合もあります。

     「睡眠中にいびきをかき、時々呼吸が止まる」と家族に指摘された方や、ご家族にそのような方がいらっしゃる場合は、ご相談ください。


                                           院長

  • 2011/05/16 さくらんぼ

     庭の桜の木に今年もたくさんの「さくらんぼ」が実りました。まだ、緑色の実もありますが、だいぶ赤くなってきました。
    一番赤い実を食べてみると、思ったより甘く感じました。
     実は、毎年この時期はたくさんの鳥が桜の木に集まってきます。鳥もおいしい実がなるのをわかっているようです。
    人間が全部取ってしまうのはかわいそうなので、木の上の方の実は鳥たちに「お裾分け」のために残してあります。


                                           院長

  • 2011/04/19 東日本大震災避難者歯科検診

     本日、東日本大震災による原発事故で埼玉県加須市の旧騎西高校に避難してきている福島県双葉町の方々を対象に歯科検診をしてきました。
    今回は4月18日~5月18日の期間で14日間に分け、加須市歯科医師会を中心とした、周辺の行田市、羽生市の歯科医師会会員がボランティアで行うことになっています。
    私は、このうちの4日間を担当することになっています。
     避難所には約1500人の方が避難してきており、各教室には布団が敷き詰められた状態でかなり窮屈な生活をされているようでした。
     検診時間が1時間と決まっている中、緊急を要する方を優先に各部屋に伺うため、一回の検診では4~5名が限界です。ほとんどが高齢者で入れ歯に問題がある方が多く、食べ物はあるのに「うまく噛めない」という訴えが多かったです。
     生活自体は、物資もありほぼ問題ない環境でも、「食べれない」ことは健康をむしばんでいきます。
    このような中で我々歯科医師の役目は、避難者の健康を中心とした「生活の質」を維持向上させることだと思っています。
     当院に通院中の患者の皆様にはこのようなことで診療時間の変更がある場合もあり、ご迷惑をお掛けするかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。

     日本の復活を祈って、少しでも、少しずつでも自分にできることをやっていきたいと思います。


                                           院長

  • 2011/04/01 行田市内循環バス

     本日、4月1日より行田市内循環バス(東循環コース)が「松井歯科医院前」に止まるようになりました。 当院の周囲には一般のバス停や、駅等の交通手段がないため、患者さんのほとんどは、自転車、バイク、自動車などで通院されています。
     実は、当院の前の道は循環バスの通り道でありましたので、約5年ほど前から市役所に診療所の前にバスが止まるようにとお願いをしており、やっと叶ったことになります。 これで、少しでも患者さんが通院しやすくなればと思っています。

     地区の自治会長様をはじめ支援をいただいた多くの方々、そしてご理解下さった工藤市長様をはじめ市役所の職員の方々にはこの場をお借りして御礼申し上げます。


                                           院長

  • 2011/03/26 老人ホーム新入職員研修

     3月23日(水)。行田市にある特別養護老人ホーム「まきば園」にて、新入職員研修の講義に行ってきました。
    「まきば園」さんとは、歯科医師会での「口腔ケア事業」で6年のお付き合いになります。

     こちらでは、新入職員に対して約1週間の研修があり、その中で「高齢者に対する口腔ケア」という題で講義をしてきました。
    歯科の基礎知識から口腔ケアの実践まで1時間半の講義でしたが、皆さん真剣に聞いていただき、これから利用者さんのために頑張ろうという意気込みが感じられました。

     「口腔ケア」は特に要介護高齢者の方には「肺炎」の予防のために必要なことで、近年、その重要性がテレビ、雑誌等で取りあげられています。
    「口腔ケア」は毎日行うことですので、介護スタッフの方たちの地道な努力が、利用者さんの健康にも繋がってきます。

     「まきば園」さんは、「口腔ケア」に早い段階で、関心を持たれ、実践している施設です。
    他の施設でも「口腔ケア」を積極的に行っていただけるように我々歯科医師会も地道に啓蒙活動していきたいと思います。


                                           院長

  • 2011/02/15 診療室からの風景7

     昨夜からの雪が積もって松井歯科医院の目の前は一面「銀世界」になりました。
    今朝はいつもより1時間前に起床し、駐車場の雪かきをしました。

     すこし筋肉痛でしたが無事診療を終えることができました。


                                           院長

  • 2011/01/31 摂食・嚥下 内視鏡 講習会

     1月30日(日)。東京のお茶の水にある東京医科歯科大学において同窓会主催の講習会に参加してきました。
     これは、医科歯科大学出身のの歯科医師が主な対象ですが、他大学出身の歯科医師や医療関係者も自由に参加できるシステムになっています。

     現代は5人に1人が65歳以上の高齢者であり、高齢になれば口から食べる機能が弱ってきます。また、脳血管疾患によってマヒしてしまい食べれなくなってしまう方もいます。
    「食べる」ということは、食べ物を目で確認してから咀嚼して飲み込むまでの一連の流れをいい、専門用語では「摂食・嚥下」といいます。
     特に飲み込む「嚥下」の機能に問題があると「誤嚥」といって肺に食べ物や、唾液が流れ込むことで「誤嚥性肺炎」になってしまいます。
     なんと、肺炎で亡くなる方の9割は65歳以上の高齢者でその半分は「誤嚥性肺炎」といわれています。

     我々は、患者さんが食べ物を「咀嚼」している状態は見えますが、それを飲み込む「嚥下」の状態
    は確認できません。 そこで、近年、「嚥下内視鏡検査」という手法で鼻から直径3ミリの内視鏡をいれて「嚥下」の状態を直接観察できるようになりました。
     外見では正常に飲み込んでいるように見えても内視鏡でみると食べ物が気管の入り口に入り込んでいる「誤嚥」の状態が映像で見ることができました。
     このように映像で、「嚥下」の状態を確認することで、どのような食事の形態を選択するのか、どのようなリハビリをするのか、など生活改善や治療計画の目安になるため「嚥下内視鏡検査」は非常に有効だということがわかりました。

     在宅や施設で療養されている高齢者の方には「摂食・嚥下障害」の方が多くみられますので、これから歯科医師も内視鏡を取り扱えるように訓練する必要があると感じました。

     これからもこのような講習会には積極的に参加していきたいと思います。


                                           院長

▲PAGE TOPへ
  • Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)

    「adobe pdf」が見れない場合は
    コチラをクリックしてください >>>